您当前的位置:新东升培训学校 > 学习技巧 > 日语课程 > 洛阳学日语|自分の人生の演出家になる

洛阳学日语|自分の人生の演出家になる

发布时间:2018-02-03 18:27作者:admin来源:未知 点击:
  

    ぶんじんせいえんしゅつになる

 

にんげんというものはなかわせてきているうちに、いつのにか、自分をうしなってしまうことがよくある。

人们在适应这个世界并在这个世界生存的过程中,不知不觉就会迷失自己。

 

自分を見失うと、そとがわにあるげきまわされたり、にんかんされたりしやすくなる。  

人一旦迷失了自己,就很容易受到外界的刺激或是他人的影响,从而随波逐流。

 

自分らしい人生をおくりたければ、自分で自分の人生の演出家にならなければならない。

所以,如果你想活出自己的精彩,那你就必须成为自己人生剧目的导演,来演绎自己的人生。

 

ただし、演出家といっても、やくしゃせいをあまりかんがえず、役者をみずからのこうそうじつげんするためのコマとしか見なさないような演出家もいる。そのような演出家になってしまうと、あなたの個性はよくあつされたりしまう。 

但是,也有一些导演,他们从不考虑演员的个性,而是把演员当成自己构想出的场景。如果你变成了这样的导演,那么你的个性也会受到抑制。

 

個性をす演出家になるには、自分の中のさいのうをよくかんさつしてみなければならない。

要想成为一个能够引导自己个性的好导演,你就必须用新观察自己潜在的才能。

 

観察するだけではなく、さいにいろいろとちょうせんしてみることも必要だろう。

 而仅仅靠观察还是不够的,还有必要进行各种各样的实际挑战。

 

人生を何度でもやり直しがきくたいけいだと思えばよい。

人生这个舞台是允许你不断跌倒再不断爬起来的。

 

やりやすいやくだけをしていたのでは、役者としての成長はなく、せっかくの個性も花びらかない。

如果一味地只是扮演简单的小角色,演员就得不到锻炼成长,有些可贵的个性也就无法得到发挥。

 

個性を引き出すに多少、むずかしい役をあたえてみることも必要なのだ。

因此,想要引导自己个性的发挥,还有必要扮演一些有难度的角色。

 

ぎゃっきょうというれんは、まさにいろいろなことがようきゅうされるだけに、演出家としてのうでをみせどころであり、役者として成長するよいチャンスでもある。

 

身处逆境,的确需要面对各种各样的考验,也正因如此,才能够显示出导演的水平,同时也是演员的成长的最好时机。

分享到:
上一篇:洛阳日语|日本史小知识|伊藤博文因过分沉迷女色而破产   |  下一篇:没有了   更多新闻:日语课程